Background Image

個人的にお金を借りる時の注意点

Home  /  未分類  /  個人的にお金を借りる時の注意点

個人的にお金を借りる時の注意点

もしも誰かから個人的にお金を借りるとしたら、是非とも気を付けたい大切なポイントがあります。それは、大切なお金を自分のために貸してくれる人に対する誠意の気持ちです。少し大袈裟に言えば、お金とは命や家族などの次に大切なものです。それをわざわざ貸してくれる人に対しては、絶対に失礼があってはなりません。
具体的に言うと、借りる前には返済計画を丁寧に説明すべきです。その計画も、曖昧模糊としたいい加減なものでは駄目ですし、大雑把な計画でもいけません。そうではなくて、もっと具体性のある確かな数字で計画を説明しなければなりません。
たとえば1年以内には必ず完済するとか、そのためには毎月1日には必ず30000円振り込むなどです。あるいは6月と10月には毎月の30000円とは別に、それぞれ100000円ずつ返すなど、完済までの見通しをしっかりと説明するのです。それが貸してくれる人に対する誠意というものです。事前にそうした誠意を示してこそ、相手も自分を信頼して貸してくれることにも繋がるのです。
もちろんお金借りる前よりも、借りた後に約束通りに確実に返すことが一番大切なポイントであることは言うまでもありません。万一、約束の日に一日でも遅れるような事態となってしまったら、その際には必ず事前にお詫びの連絡を入れることも非常に大切です。たとえ遅れてしまう場合でも、事前のお詫びがあれば何とか許してもらえるものです。しかし何の連絡もなく突然遅れると、それは大変な失礼ですので、許してもらえないかもしれません。

Comments are closed.